読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

竹取の翁というものありけり。

って懐かしいですよね。

ってだけ

 

実家に帰って来て、アホみたいに遊んでます。アホみたいにお金使ってアホみたいなことしてます。アホです。僕はアホです。

 

ってなことはどうでも良いんですけど

 

今日はマンガの話。です

 

皆さんはマンガって読みますか?

 

割と僕の周りはアニメを見る方が多いんですけど(TwitterのTLとかで○○見終わった〜みたいなツイートからタイトルだけチェックしたりしてます)、僕自身全くアニメを見ないんですよね。最後にちゃんと見たアニメって何かな、多分ガッツリ最初から最後まで見たのは小学校の時にアニマックスってケーブルチャンネルで見たH2の再放送かな。面白かった。

 

 

あ、でもアニメ映画は好きです。

話題の"君の名は"とか行きましたし、細田守さんの映画が好きで

大名作の時をかける少女

とか、サマーウォーズは複数回観ました。

 

話が脱線したので無理矢理戻します。よいしょ

 

アニメは見ないが面白いものは好き、っつーわけでマンガをバカじゃねーのってぐらい読むんですけど(語調崩壊)、そんな僕のマンガライフの中でビックリするマンガに出会ったんですよ。

 

それがこれ!

 

 

 

 

 

f:id:kounk111icloudcom:20170321225943j:image

はぁ、みなみちゃん大好き!!!

 

 

…ごめんなさい、取り乱しました。

 

 

 

 

気を取り直して

f:id:kounk111icloudcom:20170321230042j:image

こちらです!タイトルは

『さびしすぎて レズ風俗に 行きました レポ』

永田カビさんの本です。

 

 

多分、ぱっと見から

「え!?タイトル??」って感じだとは思うんですけど(自分もそうだった)、内容はめちゃんこ真面目!なんなら、重い!深い!

 

パーっと軽く紹介すると

鬱や摂食障害を患ったりした主人公が、そこを含め自分をどう捉え、どう受け止めて生きてるかって話。仕事や、親を含めたその他もろもろとの人間関係も含めてね

 

んで、そういう話って割と色々あると思うんだけど、この本は客観的じゃなくて主観的に書かれてるから表現もストレートだし、暗いし、表現に試行錯誤が見れてめっちゃ良いの!どうにかしてこの私の心情を文字に起こせないものか?的なねっ!だからーー、もうーー、何ていうかめっちゃ良い!

 

自分的にジーーンって来た一節に

------------------------------------------------------------

「後年になって     自傷をする人が

『心の痛みは実体が無くて よくわからないけど 体を傷つけた痛みは わかりやすいから 落ち着く』 と言ってるのを読んで 凄く納得した。」

------------------------------------------------------------

ってのがあるんだけど

わかる?納得してんだぜ?やばくね?

納得しちゃった!なんでやねん!意味わかんねぇよ!一旦STOP!ってなりますよね。僕ら側からしたら。

 

ってな感じで、今まで僕たちが読んで来た本なら「○○である、△△な人はそう捉えるのだ」って風に客観的に捉えてた部分が自分視点で話されるの、

 

まぁ軽く言えば

 

"あいつらはあんな風に感じるんだってやばくね?"

 

って書かれてたはずの文が

 

"そうなの、こう感じるの〜、けどね私の場合ちょっと違くてもっとこんな感じかな"

 

みたいな

 

"あいつら、食事中箸噛むんだぜ〜"

 

 

"そうそう!だからウチ多分人生でお箸一本分ぐらいは胃の中に入れてるよ〜!!"

 

みたいな?

 

それが、鬱とか、摂食障害とかそういう世界から届けられてる感じ。すげぇ興味深い

 

そしてそっから主人公はレズビアン風俗に行くんだけど、それが本題。なわけなんですよ、僕が書いた文だけ読んだら事態急転、バイキング小峠もギャンギャン叫んでツッコミますよね。

 

だから!

 

興味持った人は本を読んで〜、めっちゃ面白かったから!なんなら買っても良いと思う〜。

 

稀有な状況にある主人公の人生の転機がまたまたアブノーマルなレズビアン風俗、話の題材としては濃度のキャパシティーオーバーって感じもするけど、内容自体はホンッットにシンプル!「人って脆いなぁ」ぐらい!みんな是非読んでみて!そんで色々話そう!!各々の意見とかね!!!

 

 

じゃまた!マンガ最高!だね!!

 

 

ばいちゃっ!